フリーダイヤル0120-711-644TEL

受付時間:10:00~19:00(日・月・祝祭日 休み)

Client Interview

お客様の声

お客様の声

結婚式の本質や全体像を知ることが
専門領域の提案力向上にもつながる、
そう気づかせてくれるのが、
クラリスの研修・セミナーです

角田 紗弥子

株式会社日比谷花壇 
バンケット事業統括部 
東日本バンケット事業部 
東日本バンケット人材育成グループリーダー 
クリエイティブディレクター

2007年、各種フラワービジネスを展開する業界のリーディングカンパニー「日比谷花壇」に新卒入社。フローリストとしてバンケット事業部に配属されたことがきっかけで、ホテルウエディングの会場装飾の提案業務に携わることに。2店舗での勤務を経て、クリエイティブディレクターとしてブライダルフェアや結婚情報誌に掲載する写真のコンセプト立案・デザインにも関わるようになる。現在は同社フローリストに対して、受注の仕方をはじめとする接客方法を指導する教育係も兼任している。

「売りたいものを売る」から「お客様の気持ちの動きを読む」へ
視点を180度変えてくれた、クラリスとの出会い

日比谷花壇とクラリスとのお付き合いが始まったのは、約3年前のこと。当時は当社において「社内でプランナーを育成していこう」という動きが出始めていた時期でした。そんな時、会社研修を検討していた当社の教育担当責任者が、クラリス主催の業界トレンドセミナーに参加。伊藤所長をはじめとするスタッフの方々のお人柄に惹かれたことや、他校とはひと味違う洗練されたプログラム、ウエディングに対する考え方、スクールのコンセプト、そして数々の実績に魅力を感じ、当社の会社研修の一部を依頼したことが始まりだったと聞いています。

「売りたいものを売る」から「お客様の気持ちの動きを読む」へ視点を180度変えてくれた、クラリスとの出会い

私自身がクラリスを知った当時は、教育担当ではなくフローリストとしてセミナーを受講する立場でした。研修に伊藤所長が登壇され、受注業務に関する考え方や大切にするべきことを教わったのですが、特に印象に残っているのは「お花の打ち合わせをするとき、お客様がどんなお気持ちなのかを知ることが大切」というお話です。お花の打ち合わせは、結婚式の準備の中で後半に行われるもの。そのため、「決めなければいけないアイテムも、考えなければならない予算のこともいっぱいで…」とお客様が感じている状況の中で、なじみのないお花の話を一方的に進めてしまうと、お客様は「お腹いっぱい」状態に。売りたいものを売るのではなく、カップルの気持ちの動きに寄り添ったヒアリングや提案ができなければならないのだと、セミナーを通じて気づかされました。

当時、売上成績に気をとられ、高価な商品をどれだけ買っていただくかに躍起になっていた私は、クラリスのセミナーを経て今までのやり方を一新。「お客様がどんな結婚式を望んでいるのか知りたい」という姿勢で仕事に向き合うようになったところ、受注業務が心の底から楽しいと思えるようになりました。さらに、コミュニケーションの密度が濃くなった結果、お客様からの信頼も得られるようになり、成績も自然と積み上がっていったのです。

業務の習熟度に合わせて研修内容をカスタマイズ
オートクチュール感のある提案ができる人材を育てたい

教育係を担当するようになった現在は、自身の成功体験を後進のフローリストたちにも味わってもらいたいという想いから、受注業務の初級向け・中級向け研修をクラリスに依頼しています。1年以内に受注業務を担当予定のフローリストを対象とした「初級向け研修」では、日本の結婚式の歴史・由来や婚礼の1日の流れ、当日のプランナーの動きといった、結婚式の全体像を知るプログラムを受けてもらっています。研修を受けたフローリストたちからは、「結婚式の本質を学んだことで視野が広がった」「現場では聞けないことを聞けて良かった」との声が上がっています。

業務の習熟度に合わせて研修内容をカスタマイズ オートクチュール感のある提案ができる人材を育てたい

また、すでに受注業務に携わっているフローリストを対象とした「中級向け研修」では、事前情報が一切ない状態で制限時間内にどれだけカップルの情報を引き出すことができるか、といった「聴く力」を養うためのトレーニングを実施していただきました。実際に私もお客様役として研修に参加したところ、フローリストから飛んでくるのは「どんなお花を使いたいですか?」「どんな色が好きですか?」「花を生ける器はガラスが良いですか?それとも陶器?」といったスペック面に関する質問ばかり。「そうではなくて、もっとお客様の人となりを知るための質問をしないと!」……と思いつつ、私も昔は彼女たちと同じことをしてしまっていたことを思い出しました(笑)。こういった実践的なトレーニングのおかげで、本質をとらえた提案をする上で今の自分に何が足りていないのか、参加者に“気づき”が生まれたように思います。

当社のバンケット事業部が目指しているのは、ただ単に「モノを売る」のではなく、「コトを売る」ことができる人材を育んでいくこと。ウエディングという世界で夢を語れる部門へと成長していきたいと考えています。そのために今必要なのは、得意領域であるお花の知識やノウハウだけでなく、お客様の結婚式全体を俯瞰しながら提案する力です。お客様が大切にしたいことを会話を通じて引き出しながら、「買わされた」ではなく「必要だから自分たちで考え、選んだ」という納得感・満足感を感じていただけるような、“オートクチュール”感のある提案ができる人材を増やしていきたいです。そのためにも、国内外のトレンドやそのトレンドがなぜ生まれたのかといった情報発信や、ウエディングプランナーとどのような関係性を築いていくべきかなど、今後もより実務に役立つ研修をご用意いただけたら……と思っています。

Client Interview 02

Contact Us

お問い合わせ

クラリスの研修サービスについての
お問い合わせをご希望の方

お電話でのお問い合わせ

電話番号03-5229-8188

受付時間:10:00~18:00
(土曜・日曜・祝祭日 休み)

メールフォームでの
お問い合わせはこちら

メール

TOP